学生の頃、英語を習ったけど、もう一度初心者から英会話をやり直したい。

1から英語を勉強したいと思っている方に、1番やって欲しい2つの勉強法についてお話します。

 

<目次>
・やり直し英語勉強法1つ目は英単語を覚える
・やり直し英語勉強法2つ目は英会話文法を覚える
・やり直し英語勉強法まとめ

 

やり直し英語勉強法1つ目は英単語を覚える

やはり、英単語を覚えないと英語は理解できません。

では、どれぐらいの単語を覚えれば、日常会話程度の英語が話せるのでしょうか。

よく言われるのが、1,700~2,000語を覚えれば、日常会話が理解できると言います。

1,700~2,000語といえば、中学生が覚える単語の数です。

中学生の必須単語は、2,000語まではいきませんが、だいたい1,400語ぐらいです。

やり直し英語でまずやることは、中学生が習う英単語約1,400語を覚えることから始めましょう。

覚え方として、書いて覚える方がおられますが、書くよりも声に出して覚えるようにしましょう。

中学生みたいに、試験勉強じゃないですから、英会話を目的とするなら、書くよりも声に出して読んで覚える方が効果的です。

 

やり直し英語勉強法2つ目は英会話文法を覚える

次に文法です。

こちらも中学程度の文法を覚えるのが基本です。

中学程度といっても、日常会話で使う文法は、現在形、過去形、未来形と現在完了形です。

現在形、過去形、未来形は中学1年で習う文法ですし、現在完了形は2年の2学期に習う文法です。

だから、中学程度の文法といっても、2年の前半程度、簡単にいえば、中学で習う半分の文法を理解すればいいのです。

まずは、本屋さんに行って、中学1年の文法集をかって、現在形、過去形、未来形の文法を覚えましょう。

これだけでも、8割の英会話が理解できるようになります。

 

やり直し英語勉強法まとめ

初心者から英語をやり直すのなら、中学英語をマスターすることから始めましょう。

中学で習う英単語1,400語、書いた覚えるのではなく、読んで声に出して覚えるのが一番効果的です。

学生時代に作った単語帳を活用するのもいいでしょう。

隙間時間にちょっと勉強するのに最適です。

今では、単語帳を自分でつくらなくても中学単語1400語として売っていますので、そういったツールを活用しましょう。

また、文法にしても、中学1年の文法ですから、ある程度覚えていつセンテンスも多いともいます。

根気よくあせらずにコツコツ覚えていくようにしましょう、






このページの先頭へ