なぜ、日本人はリスニングが苦手なのでしょうか?

それは、中学で教えられたカタカナ英語のせいなんです。

中学で覚えた英語は、ほとんどカタカタ英語で覚えています。

先生の発音、単語を覚えるときなど、すべてカタカナ英語になっています。

では、どうすればリスニングが上手くなるのでしょか?

リスニングを向上させる方法についてお話します。

<目次>
・英語は聞き流さない
・英語を日常生活の中に取り入れる
・オンライン英会を始める

英語は聞き流さない

よく、聞き流すだけで英語が話せるようになるといった、英語教材がありますが、実際やっている方はどうなんでしょう。

聞くだけで英語が話せるなら、お経も聞くだけで覚えられるんじゃないでしょうか?

それはできないでしょう。

お経を年中唱えても、何を言っているかさっぱりわからないと思います。

英語だって同じでしょう。

ただ聞活き流すだけでは、何を言っているか理解できないと思います。

やっぱり、何を言っているのか理解して聞くことが、何に関しても求められるのではないでしょか。

英語を日常生活の中に取り入れる

リスニングを向上させるには、日常生活の中に英語を取り入れていくことが大切になります。

人間は習慣の生きもので、普段やっていることは、できるようになります。

普段の日常生活の中で英語を話す機会が多いと、英語が話せる早さも早くなりまし、英語を聞き取れるのも早くなるのです。

では、どういうことをすればいいのでしょうか?

1つオススメしたいのが、「NHKワールド」という英語版ニュースです。

この「NHKワールド」は、インターネット配信で、日本のニュースを英語で配信しています。

ですから、日本語で聞いているニュースを、英語で聞くのですから、ある程度の内容が分かっているので、英語も聞き取りやすくなります。

日本語で表現している内容を英語聞けるのです。

内容がわかっている英語で聞くことは、リスニングの向上につながるのです。

オンライン英会を始める

今、格安のオンライン英会が流行っています。

いつでも、どこでも、何時からでもレッスンを受けられる英会話スクールです。

なぜ、英会話スクールが良いかといいますと、相手と会話することで、いろんな英語を話すことができるからです。

「NHKワールド」だど、今日のニュースのみが、一方通行で話されるだけです。

しかし、オンライン英会話だと、会話方式で話しますから、いろんな話ができます。

ですから、いろんな内容の会話ができるのです。

できれば、毎日30分程度やっていれば、確実にリスニングを向上させることができるでしょう。

 

関連記事→やり直し英会話!初心者からのやり直す英会話の方法






このページの先頭へ