英語って、やっぱりできる人と、できない人がいますよね。

これって何が違うのでしょうか?

英語ができる人がやっている、行動についてお話します。

<目次>
・人間好きな人
・間違いを気にしない人
・あまり考えすぎない人
・自分の恥は捨てられる人
・自分の意見をしっかり持っている人
・明確な目的を持っている人

人間好きな人

英語を話せるようになるには、アウトプットしなければなりません。

アウトプットするということは、外国人を話すということになります。

人と話すには、人間好きな人でないと、なかなか知らない人と話しかけられません。

ですから、人間好きな人は英語が上手くなるのです。

間違いを気にしない人

間違いを気にしない人は、積極的に英語を口に出します。

間違いを気にする人は、積極的に英語を口に出しません。

ということは、積極に英語を話す人は、当然英語が上手くなるのです。

あまり考えすぎない人

何を考えすぎないということは、文法です。

日本人は文法を基本に習っているので、現在形、過去形、未来形って、ついつい考えてしまいがちです。

あまり考えすぎると、会話はスムーズに流れません。

文法などを気にせず、思いつて言葉を口に出す人が、英語の上達が早いです。

自分の恥は捨てられる人

恥を捨てるのは、大変な事です。

英語の初心者って、母国に人では、3歳~5歳ぐらいの言語しか話せないレベルです。

そうすると、プライドのある人は、恥を捨てて話さないといけません。

自分の恥を捨てないと、外人と話せないのです。

自分の恥を捨てられる人は、英語の上達が早くなるのです。

自分の意見をしっかり持っている人

アメリカでは、自分を意見をしっかり持っている人が当然です。

ですから、自分の意見を持っていないと、アメリカ人とコミュニケ―ションがとれません。

会話はコミュニケーションが無ければ、会話が成立しません。

ですから、自分の意思を持っている人は、英語が上手くなっていきます。

明確な目的を持っている人

明確な目的を持っている人ってどんな人でしょう。

たとえば、仕事で覚えまきゃいけない人は、必ず英語を習得します。

いついつまでに、海外転勤が決まっていれば、それまでに必死なって、英語を習得しようとします。

ですから、目的がある人は、英語が上手くなるのです。

英語を勉強する人は、なんのために英語を勉強するのかを明確にするようにすれば、早く英語が上達します。

 

関連記事→ネイティブの英語が聞き取れない!聞き取るには音節を意識する2






このページの先頭へ