英語の発音がなかなか上手くできないで、悩んでいる方も多いでしょう。

英語の発音が上達するには、基本となる音読の練習が重要です。

そこで、発音がアップする、英語の音読の仕方とその効果についてお話します。

<目次>
・発音とリスニングの関連性
・音読の練習で注意すること!

発音とリスニングの関連性

英語の発音の練習と言えば音読が基本です。

本屋さんに行って、音読のCD付きの本を買ってきて、CDを聞きながら、シャドーイングするのが、もっともポピラーな音読の練習法です。

なぜ、音読をするのか?

それは、ネイティブの音に近づけるためです。

では、ネイティブの音に近くなるとどうなるのか?

ネイティブの話す音が出せれば、ネイティブの音が聞き取れるのです。

言語が聞き取れないのは、自分自身が聞き取れない音で話しているからです。

日本人がもっともリスニングが苦手なのは、中学校で習う、カタカナ英語が脳から離れないからです。

ですから、日本人が話す英語は、カタカナ英語になり、よって、ネイティブの英語が聞き取れないということになるのです。

それでは、次に、どうすればネイティブに近い音がだせるのか?

音読の練習で注意することは何なのかについてお話します。

音読の練習で注意すること!

それでは、ネイティブの音に近づける、音読の練習で注意することは何なのか?

まず1つは、棒読み音読をしないことです。

棒読み音読ってどういう事なのか?

棒読み音読は、カタカナ発音で棒読みで読むことをいいます。

この棒読みをすると何も変わらないので、やっても無駄になります。

次に、英文の意味を理解しないで音読することです。

英語の意味を理解しなくて音読しても、あまり上達は望めません。

次にセンテンス単位で発音することです。

何故かといいますと、日本人の英語を話すときは、単語単位で区切って話します。

「Ilile studying English」の場合、I・lile・ studying・English と・の部分で区切って発音します。

英語のスペースは、読みやすいためにスぺ―スを入れているだけなので、発音するときは、一気にllilestudyingEnglishと1センテンス単位で発音するのです。

ですかた、発音の練習をするときは、1センテンスを、息を吐かないで一気に話す練習をしましょう。

最後にスピードです。

どうしても、英会話スクールなどの会話では、ネイティブが話す会話の早さとは違って、とてもゆったりと話しています。

実際のネイティブの会話の早さは、英会話スクールなどで話す会話の何倍もの速さで会話しています。

ですから、常に早さを意識して話す練習をしましょう。

 

関連記事→英語ができる人がやっていること!これをやらば英語ができる!?






このページの先頭へ