英会話を勉強したいけど、毎日忙しくて勉強できないって方大勢おられるでしょう。

会社員の方なら、朝早くから出社して、夜遅くまで働いておられます。

また、主婦の方なら、家庭の雑用で、朝から忙しいでしょう。

そんな忙しい方に、効率的な英語のトレーニング法についてお話します。


<目次>

・独り言トレーニングをしましょう。
・独り言の内容を飛躍させよう

独り言トレーニング

人は、独り言を言います。

独り言は、1日5万語出るそうです。

どんな言葉かと言いますと、「お腹空いてきたな」「ちょっと疲れたな」「遊びに行きたいな」など、ワンフレーズの言葉が多いです。

この独り言を、英語で話すようにするのです。

独り言って、そんな難しくない文法や単語が多いと思います。

また、1センテンスで言える内容の文章です。

辞書で調べるのも簡単ですから、ぜひ、独り言を英語で話すようにトレーニングしてみた下さい。

独り言の内容を飛躍させよう

さらに、効果的なトレーニングは、独り言で言った内容を飛躍させるのです。

たとえば「I am hungry(お腹が空いた)」と独り言を英語で言います。

次に、「Why are you hungry?(なんでお腹が空いてんだろう)」と問いかけます。

そして、「Because I did not eat breakfast.(朝食べなかったからだ)」と答えを返す。

このようにして、独り言を飛躍させていくと、いろんな日常会話のセンテンスが覚えられるようになります。

間違ってもいいですから、とりあえず口に出して独り言を言いましょう。

間違っていたら、変に覚えてしますとか考えなくてもいいのです。

間違ったスペルは、アウトプットした時に、誰かに直してもらえばいいのです。

まずは、独り言を英語で話す。

その独り言を飛躍させる。

この練習をすることで、英語力は格段とアップします。

 

関連サイト→英語の発音がアップする!英語の音読のやり方






このページの先頭へ